バイアグラ攻略法!!

バイアグラを服用するときの食事の影響とは

食前に服用することで効果を発揮するバイアグラ

バイアグラを服用しても効果がなかった!とよく聞きます。
この効果がなかった理由のほとんどが食後に服用した場合です。
病院で処方されるお薬でも薬局で購入するお薬でも必ずいつ服用するべきか記載されていると思います。
一般的には食前・食後・食間のいずれかだと思いますが、このバイアグラは食前に服用すると最も効果的と言われています。
バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは血液中に吸収されることで初めて効果が現れます。
食前などの空腹時であれば腸管内に不純物がないため、血液中に吸収されやすい状態といえます。
しかし、食後に服用した場合では食事に含まれる油分などが腸管内に油膜として張ってしまいます。
バイアグラの有効成分はこの油膜を通過できないため血液中に吸収されない状態で便として排泄されてしまいます。
バイアグラの効果を最大限に発揮したい場合は必ず食前などの空腹時に服用しましょう。

どうしても食事をしなければならない場合は?

パートナーや友人との付き合いで行為に及ぶ前後で食事をしなければならないことは多いと思います。
また、バイアグラの服用に慣れてきたときに、過剰に食事を意識し過ぎてもバイアグラを嫌悪してしまう可能性もあります。
食事とバイアグラを上手に使っていくことが長期的なED治療には必要ですので参考にしてみてください。

・油分の少ない食事にする
前述したとおり、バイアグラの有効成分は油分に弱いです。
そのため、できるだけあっさりした食事にし、量も少なめにしておきましょう。

・食後2時間または、バイアグラ服用後30分以上経過後に食事をする。
胃の中に食べたものが残っていてはバイアグラの吸収の妨げになりますので食後2時間以上はあけましょう。
もしくは、バイアグラ服用後30分以上経過すれば、バイアグラの有効成分が血液中に吸収された後となりますので、その後の食事であれば特に問題はありません。
30分であれば家までの帰宅途中やお店へ移動前に服用などすることもできそうですね。

私生活に中でバイアグラを上手に活用することが大事

バイアグラの効果は食事に大きく左右されます。
有効成分が胃腸管内の油分を通過することができないためなので、食事をするときはうどんなどのあっさりしたものを腹6-7分目までにしておましょう。
バイアグラの効果は30分ほどで現れますので、30分経過後に食事をすることもひとつの手段だといえますね。

↑ PAGE TOP