バイアグラ攻略法!!

バイアグラを処方できない方とは

既往症のある患者

バイアグラは全ての人が服用できるというものではなく、残念ながら服用できない方もいます。
既往症のある方やお薬を服用している方は必ず確認しましょう。

・バイアグラの成分に対して過敏に反応(アレルギー反応)をおこしたことがある人
・併用禁忌薬を投与中の方
・狭心症をなどの心臓病
・心不全、重度の血管系障害の持病がある方や過去に既往歴のある方
・重い肝機能障害がある方
・低血圧の人や高血圧の方(低血圧は最大血圧90mmHg未満または最小血圧50mmHg未満の方、高血圧の方は治療により血圧の管理をされていない方)
・半年以内に脳梗塞や脳出血
・心筋梗塞の既往歴がある方
・網膜色素変性症(進行性夜盲症)の既往歴のある方

併用禁忌薬

前述したとおり、バイアグラを服用するに当たって併用禁忌薬があります。
併用禁忌薬とはバイアグラとの飲み合わせが悪いお薬のことです。
特に硝酸剤または一酸化窒素供与剤を投与中の方は重篤な症状になる可能性があります。

併用禁忌薬

・塩酸アミオダロン製剤
この薬は不整脈などの方の心臓の鼓動の乱れを整える薬です。
バイアグラは血圧を変動させてしまう効果があるため、塩酸アミオダロン製剤と類薬となります。
そのため過剰摂取となり鼓動を乱してしまう可能性があります。

・硝酸剤
飲み薬、貼り薬、舌下錠、注射、吸入剤と多種にわたる硝酸剤ですが、血管を拡張させ血圧を下げる効果がありますのでバイアグラと併用すると危険なレベルまで血圧低下してしまう恐れがあります。

・アデムパス錠
この薬は慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬です。
バイアグラと併用することにより症候性低血圧を起こすことがあります。

既往歴・処方薬が気になる方は

上記記載に該当する方がバイアグラを服用すると命にかかわる重篤な副作用になるおそれがあります。
併用禁忌薬に該当しない既往症で上記に記載のもののほとんどが臨床試験において除外対象となっているものがほとんどです。
そのため、心疾患や血管などの既往歴やお薬を服用中の方は必ず医師の指示に従って処方できるか確認をしてください。

このように、バイアグラは全ての方が服用できるお薬ではなく、残念ながら服用できない方もおられます。
だからといって全ての人に対して危険な薬ではなく、用法・用量を正しく理解し服用すれば安全なお薬といえます。
EDに悩んでいる方は悩んでいるだけで終わらず、正しい知識を持ってEDを治療し、夜の性生活に明かりを灯しましょう。

↑ PAGE TOP